乾燥肌に負担をかけないクレンジング剤とは

img1-1

クレンジング剤と言えば、オイルタイプがすぐに思い浮かびますが、乾燥肌にとっては大きな負担となる場合があります。

オイルタイプの良さは、何といってもその洗浄力の強さで、忙しい時や疲れて帰宅してすぐ寝たいという場合でも、サッとメイクが落とせるのでとても便利です。



しかし、オイルタイプに含まれる界面活性剤は汚れをスッキリと落としてくれる半面、肌を保護してくれている皮脂も洗い流してしまいます。



このため、オイルクレンジングを頻繁に使用することは、乾燥肌に大きな負担をかけることになります。オイルタイプはしっかりメイクをした日だけの使用にとどめて、普段は洗浄力がマイルドで肌に優しいものを使うようにしましょう。


洗浄力がマイルドで肌に優しいのは、ミルクタイプやクリームタイプ、ジェルタイプです。


しかし、これらのクレンジング剤は、洗浄力が弱いため、ポイントメイクを落とすのには向いていません。
アイメイクなどはポイントメイクリムーバーを使って落とし、他の部分はミルクタイプなどで優しく落とすようにしましょう。


洗浄力がマイルドなものでもきちんと落とせるよう、ナチュラルメイクを心がけることも大切です。


クレンジングは、肌をすこやかに保つためにも、必要不可欠なスキンケアステップのひとつですが、肌にかかる負担が大きいのも事実です。



乾燥肌が気になる人は、クレンジング剤の選び方を見直してみましょう。自分の肌に合ったものを選んで使うことで、潤いに満ちたすこやかな肌を取り戻すことができます。


専門知識

img2-1

クレンジング料には、オイルやクリーム、ジェルタイプなどさまざまな種類がありますが、乾燥肌の人にはどのタイプが向いているのでしょうか。クレンジング料はタイプによって洗浄力や肌への負担の大きさが変わってきます。...

more

知りたい美容事情

img3-1

保湿ケアはしっかりとしているつもりなのに、なぜか肌が乾燥するという乾燥肌の人は、クレンジングを見直す必要があるかもしれません。メイクをする女性に取って、クレンジングは毎日欠かせないステップですが、メイクの汚れを落とす際に肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌を招いている可能性があります。...

more

納得の真実

img4-1

肌が乾燥していると表面だけでなく内部のうるおいまで失われていることが多く、少しの刺激でも大きな負担になってしまうことがあります。メイクを落とす際に使用するクレンジングは油性のメイク成分を落とすため強い成分を使っていることもあり、使うときには注意が必要です。...

more

美容の実態

img5-1

美しく健康的な肌を保つ為には、正しいクレンジング剤を選ぶことが大切です。特に乾燥肌の人は、間違った選び方をしてしまうと、乾燥が悪化することになるので、慎重に選ぶようにしましょう。...

more
top