会計ソフトの会計データバックアップ

会計ソフトというのは、日々取引の仕訳を入力して、試算表、総勘定元帳、損益計算書、貸借対照表、税務申告書を自動的に作成してもらうソフトです。
このソフトを利用することにより、日々の経理業務や決算業務にかかる人件費を大幅に減らすことができるばかりか、入力ミスや計算ミスも削減できるなどメリットが沢山あります。

しかしこのような会計ソフトもパソコンの障害や災害によって会計データが消失してしまうことがあるのです。

ビジネスジャーナル情報が様々な条件で検索可能です。

このため、会計データは日々バックアップを作成する必要があります。

なお実際にバックアップを作成する際は、期間の抜けが生じないようにこまめに作成処理を行うことをお勧めします。

スタンドアロンのパソコンで動作する会計ソフトの場合は、ソフト終了時に自動的にバックアップを作成してくれるものがあります。

しかし、同じパソコンにバックアップを作成しても、もしパソコンが壊れた時にオリジナルデータのみならずバックアップデータも同時に取り出せなくなる可能性があります。
このような理由から、ファイルサーバーやCDまたはDVDなどの別媒体にバックアップを作成すると良いでしょう。

最近では、クラウド上にバックアップできる会計ソフトがあります。

会計ソフトついてはこちらのサイトでご確認ください。

クラウドはセキュリティ面から見ても安全なのでもし社内のセキュリティポリシーに抵触しないのであれば、クラウドをバックアップ先にしたほうが良いでしょう。



これから会計ソフトを導入する予定であればソフトにどのようなバックアップ機能があるのかをよく確認した上で購入するようにしてください。